経皮毒なんて信じちゃいけない

たまーに未だに、「経皮毒」がおそろしいから肌に優しい化粧品を使いましょうというようなことを堂々とブログやサイトで書いて、編集長〇〇と名前と顔まで出している人がいます。

びっくりするのですが、いまや日用品や化粧品に含まれる有害化学物質が皮膚から体内に侵入、蓄積して健康被害になる、という理論は正しくないというのが主流になっています。

確かに経皮吸収性ということばはありますが、その数値は日常において通常の使い方をしている限り全く問題ないということがわかっています。
ですので、経皮毒というのはありえないといえます。

でもホントに「経皮毒」なんて言われたらコワイですよね。いかにもありそうです。

ですが、お肌に良い悪いというのは別の話として、皮膚から吸収されて蓄積する、というのは疑ってかかったほうが良いと思います。